« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月28日 (水)

居酒屋大ちゃん

N

後輩のススメで入ってみた
つけ麺屋の二階部分が居酒屋で
つけ麺&中華料理がメインだったのか
居酒屋は我々が入ろうとした時に
回転みたいな感じだった
そして飲みモノの前につまみがくるし
その後にお通しが来た
経営者は外国人らしく
名前の由来が聞けなかった…
とりあえず、自分も大ちゃんと名乗り名刺を配った
まあ、中華料理屋らしく
その部門は美味しかった
都内、山手通りと早稲田通りの交差点近くにあります

デハ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月26日 (月)

読書

9_2

読まないと語る資格なしって言われたから読んだが
翻訳書らしい表現で難しく頭に入ってきませ~ん
レッツ武士道勝負しよ~

デハ!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月25日 (日)

影響

知り合いからジブリ作品観ないとダメだと
言われたので、「千と千尋」と「ポニョ」を観た
主人公が幼児だから比較的子供向けって思うけど
でも物事があっと驚くことばかりでとても面白い
中でも建物とか、施設とか
古そうに見えてハイテクだったりするところがいいね
キャラクターも化け物ばかりだけど妙に個性がある
みてくと、ナウシカとラピュタ後に世に出たマンガや
ゲームはこれの影響下に成り立ってるような気がする
でも今間違えて「ゲド戦記」借りてしまった(ネットレンタル)
先に「ハウル」にしとくんだった

デハ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月24日 (土)

日本史を語る会

歴史好きな人たちが集まる飲み場へ
参加させていただきました
文字通り歴史好きという接点で
日本史の話を肴に酒を飲むという場ですから
ありとあらゆる史実を知り尽くした方々ばかり
私は、その、まあ
役作りとか、そういう点で
お話を聞きたいなという感じで
もぐりこませていただきました
とりあえず、時代劇役者ということを
気に入ってもらえまして
歴史の裏話、いろいろと勉強になりました
歴史を語る部分を表現として見せていくこと
また強く感じました

デハ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月21日 (水)

台風待ちは腹へる

台風待ちは腹へる
衝動喰い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月20日 (火)

健康診断

健康診断
かなり久々の健康診断です
それに加え
ここ数年医者にかかったことがないから
自分の体がどうなのかとっても不安
視力検査失敗した
片眼瞑った方がよく見えた
結果バランスが悪い

来年は人間ドックに入ろうかと思う
検診てあれがやだね
採るやつ

デハ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月19日 (月)

戦国シェイクスピア

WAKI-GUMIの舞台に出演します
いままでにないほど大きな公演です
600席以上の大劇場および宝塚・名古屋への旅公演
そして数々のスターさん達との共演
この中で自分がどれくらいやれるのか
大いなるチャレンジです
是非ともご来場下さい

Omotesize

WAKI-GUMI戦国シェイクスピア其の2[ハムレット]より
『SHINGEN』~風林火山落日~

東京公演
シアター1010
2011
11/25(金)18:30
11/26(土)14:00/18:30
11/27(日)12:00/16:30
A席7,000円 B席5,800円(全席指定)

兵庫公演
宝塚バウホール
2011
12/2(金)12:00/16:30
7,500円(全席指定)

名古屋公演
名鉄ホール
2011
12/7(水)14:00
7,500円(全席指定)

刻は、戦国時代
三方ヶ原の戦いで息絶えた武田信玄の影武者として
弟・武田信廉が信玄としてお館の座に就く
とある夜、信玄の亡霊が息子・武田勝頼の前に現れ
謀略の真実を伝える
やがて勝頼は狂気を装い、叔父・信廉への復讐を企てる
それと同時に、武田を滅ぼさんと織田信長の軍勢が動く…
武田家悲劇の武将「武田勝頼」をハムレットになぞらえ
影武者として信玄亡き後を生きた「武田信廉」を
クローディアスに置き換た
魅惑の戦国シェイクスピア活劇!

脚本・演出 脇太平
出演 和泉元彌 稔幸 竜小太郎 堤大二郎 名高建男 ほか

Urasize

チケット予約  ※ご来場日付と枚数を記載の上メール下さい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月18日 (日)

勝負

本日の稽古は配役取りの勝負
カンパニー初参加の私は全く知られていないので
声を聞いた上でどの位置にするか
演出家に決められます
他の出演者もいるので勝負!
良く思われれば名のある役をとれますし
悪ければ名もなき兵になります
設定は戦国時代
そして状況は、主の怒りに触れれば
家臣でも即刻斬られるような過酷な世界
そのピリピリして中で
歯切れのいいキビキビしたやりとりが求められました
この日与えらた役=演出家のイメージの役をやり
私もこの役ならば納得という配役
とりあえず、行けそうだという感想を貰いました
しかし状況がめまぐるしく変わる戦国稽古場
最終的にその役で本番を迎えられるようやっていく

この後は狂言の稽古をやりました
劇中狂言芝居が行われます
なぜなら主演が狂言師だから
その主演をなさる狂言師さん自らご指導いただきました
しかし、基本的に発声が難しい
狂言は先生の出す音を聴いてまねるということでしか
稽古は出来ませんので
それを何度も聞いて身に付けるしかない
これも勝負!

デハ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月17日 (土)

劇団飲み

劇団飲み
殺陣稽古あとの呑み

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月15日 (木)

ネットレンタル

ネットで借りて自宅へ届きの
ネットレンタル屋さんは便利
探すの楽だし、返すのも楽
過去の名作がいろいろあるから宝の山だ
でも一度に2枚しか借りれないのが不便かな
届いたはいいけどなかなか
観る時間が取れず、返せなくなってしまう
1カ月に8本までの契約でやってるけど
8本観るのも結構時間かかるね
大河ドラマをいろいろと観ようと思ってるけど
全50話、1話45分。めちゃくちゃながい
でも大河ドラマは主人公の一生を描いたものだから
歴史の勉強になるし、役作りにも役に立つ
一応80年代以前の作品を参考にするのがいいかな
生粋の時代劇役者達が多く出てるから
今、独眼竜政宗を観てる
中でも片倉小十郎が好き。伊達政宗の重臣として
揺るぎないいでたちと振舞いが素晴らしい

デハ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月13日 (火)

汗だく

暑いですね~
30℃越え!!何でまたこんな気候なんでしょう
今日の稽古も汗だく…
今回もまた槍稽古です
槍対槍の立ち回り
槍だと動きが大きいからド迫力です
それだけにかわむ側も芯(主役)に合わせた
大きなリアクションをとらなければならないので
大変です
槍はほとんど突き刺すことで殺傷させるので
槍の刃を向ける時に刀よりも時間がかかります
だからその間の時間を大きなリアクションで
埋めて無理なく刺されなければいけない
技量がいります
それだけに迫力満点の立ち回りができるので
かなり楽しみです
ご期待下さい!!

しかし暑い!!プールに入りたい
今年は全く泳いでないんです
去年はレスキュー侍(ライフセーバー)
してたので泳ぐのが仕事でしたが
これからは身体鍛えるために泳いだ方がいいかな
なにしろこれからはスタミナが生命線
昔みたいに身体をいじめ抜く
マゾモードに入らなければ

デハ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月12日 (月)

不名誉記録

川崎フロンターレがリーグ戦8連敗
不名誉記録を更新中
せっかく試合をしているのに
こう何度も何度も負け続けたんじゃ
何もかも損な方向に傾く一方
サッカーで8連敗ってかなり絶望的
前半戦は上位にいたからその貯金があって
なんとか下位には落ちてないけど
突然違うチームに変貌してしまったような
感じで悔しい
ワールドカップ後の移籍で
チーム事情が変わったところの
ほころびがジワジワ聞いてきた感じ
上位を維持しながら新戦力を育てるのは
難しすぎるんだな
川崎は今世代交代の時期
2005年J1再昇格からの戦力が衰え始め
新戦力の台頭を必要としている
そこらへんをうまくやりくりしてほしい
監督を代えたらいいかはわからない

デハ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月10日 (土)

プリンタきた

Dsc_0016_2

新しいプリンタ来ました!!
キヤノン製です
キャノンじゃなくてキヤノンだよ

7年使ったプリンタはもう寿命
色がちゃんと出ないのと汚れがつくからおさらば
新しいのは複合機です
プリンタ機能に加え
スキャナコピーFAXが使えます
そんな多機能なのに安く買えたのが良かった
でもDVDなどのレーベル印刷機能がないことを見落としていたのだった
かつてプリンタ売りをやってたのに不覚…
まあ何とかしよう。プリンタボディにうっすら私が映ってる

デハ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 8日 (木)

はずい

昔の舞台の映像みたら
セリフ棒読みだった
ダサい…

殺陣の最中のセリフとか
感情が高まってるから
やってる方は結構いい気分で言ってるつもり
なんだけど棒読みだな
それに気迫が前に出てない
恥ずかしいわ…

自分の映像観るの好きじゃないんだけど
観ないと分からんことばかり
やり始めのころだから
しょうが無いとは思うけど
こういうのが残ってるのがやだな~
カットしてくれ

デハ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 7日 (水)

気付きの客演

昨日から11月の舞台稽古が始まりました!!
今回は外部団体への出演になります
もちろん時代劇
題材は!まだ教えません…

9月は若手中心の基礎稽古で
(ベテランが多いので私はまだまだ若手じゃ)
槍を使った殺陣稽古です
槍は長く見せるのが基本
その手さばきと間合いのとりかたを
身につけなければなりません
さばき方を間違えると人に当たったり
地面をすったり、いろいろと迷惑をかけます
おまけにかっこ悪い
逆に美味く使うとかなりかっこよく見えます
槍は長いだけに、ちょっと動かすだけで
だいぶ動いている様に見えます
速く半周回しただけでも二周ぐらい回って見えます
だからちょっと基礎を覚えただけでも
かなり上達してるように見えるんです!
でも私はヘタクソだから頑張ろう…

そしてアピール
多くの出演者が居るなか埋もれるわけにはいきません
武士道大次郎の名を知ってもらうためにガムシャラに突き進む
でも、大きな所に行けば
自分が全然大したことないのに気付かされる…玉砕
とにかく、今回は気付きのとき
やるべしやるべし

デハ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 6日 (火)

第四陣公演DVD

Photo_2

今年6月に上演した
武士道第四陣公演『島左近』のDVDが完成しました!
戦国時代を舞台に
戦のない国を夢見る左近の下に石田三成が現れ
関ヶ原の合戦までを描いた時代活劇

私は石田三成の側近・渡辺新乃丞役で出演しました
1部2,000円ナリ

デハ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 5日 (月)

ヒーロー大好き

昨日のゴーカイジャーは
ジェットマンの結城凱が登場
20年前の戦隊メンバーの登場に超感激
当時私は高校生で戦隊観てましたが
ジェットマンはその時はやりのトレンディドラマの
要素を主軸としていて
ちょっと高めの年齢層を狙いとしていたのです
その趣旨通り隊員同士で恋愛をする
ましてや敵味方入り乱れての恋物語だったりしたのです
結城凱はブラックで一匹狼キャラ
喧嘩を吹っ掛け煙草を吸い酒を飲み女を口説くという
ヒーローにあるまじき最強不良キャラだったのです
しかし戦いの中で友情と正義に目覚めていく
それが人気を呼び、語り草になってる程の人物
現在、50近いその人物がゴーカイジャーの前に現れ
20年前と変わらぬ振舞いをしたことに超感激!
演出もジェットマン最終回と同じ場所で同じセリフを
言うという期待通りの展開
仮面ライダーディケイドで仮面ライダーブラックの倉田さんが
登場したときより更に上を行く感動
やっぱ憧れっていい気持ちだと思う
いくつになっても色褪せないワクワクドキドキ感
これだからヒーローもの観るのやめられないんですよ!

で、ゴーカイジャー今度はライブマン(24年前)で
イエローやった西村さんが出るみたいですよ
西村さんとは、最近はヘキサゴンとか出てる西村さん
私は一度「牡丹と薔薇」でご一緒させていただいたことがあります
まあ、一緒って言っても全くお話はしてないですけどね
自分はウエイター役で、そのシーンは放映されなかった…

デハ!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月 4日 (日)

集中力の結集

黒澤明の七人の侍
恥ずかしながら初めて観ましたけど
言われている通り伝説の映画ですね

思ったのは無駄が一切ないこと
この映画が元で
色んな物語に波及しているというのが良くわかりました
3時間半の長い映画ですが
全然飽きない
エキストラに至るまでの魂が凄い
白黒であることが視聴者の集中力とか想像力を
引き立てているような気がします
昔は今のように容易にカット割できなかっただろうし
役者もNGは容易に出せなかったと思う
人々の集中力が大きな力になっていることがわかる

逆に影武者は飽きた
ラストの合戦後のシーンが
死体を映すのに時間をかけ過ぎて
自分には好きではなかった

デハ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 3日 (土)

伝承

映画『日輪の遺産』観てきました
終戦間近の8/10~8/15と現在を描いたお話
軍の極秘命令で
ある地下壕に大量の爆弾を収納するという作業についた
軍人と女学生20人の物語
目的も知らずにひたすら働き続ける彼女等は
作戦終了後、抹殺される運命にあった
しかし指導員である軍人達の間で
その処理は回避されることになるが
敗戦を知ったとき、事態は急変する

女学生の戦時中の記憶
現在の日本において数少なくなった戦争体験者
その方達の記憶を絶やさない為に
未来の日本人へその記憶を語り継ぐために
描かれた作品だった

主演の堺さんは
小劇場時代のときを知っているので
今これだけビッグになっていることが嬉しい
小劇場じだいから存在感はハンパなかった

デハ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 2日 (金)

暴れん坊将軍

映画の日は
劇場版仮面ライダーオーズを見てきました
これには暴れん坊将軍ことマツケンさんが
ゲスト出演されているので
ライダーとの共闘が楽しみで行きました
話の流れ的には
世界を揺るがす錬金術師が現代に復活し
時空をも揺るがすような魔力で
ある地区だけ現代と江戸時代を逆転させるという
現象を起こし、そこに巻き込まれたライダーが
徳田新之助の助太刀を受けてて
共闘するという展開
新之助がライダー並みに敵を倒して行く様は超人的だった
そしてマツケンさんの立ち回りは華がありすばらしい
完全にライダーより目立ってた
まあ、人間だからそう見えたのだろう
ライダーのスーツアクターさんも凄い人だから
オーズの姿形が地味ってのもあるけど

ライダー自身は新之助のことを只の侍としか
思っていないようなふるまいだった
徳川に献上されたメダルを新之助が持っていて
それを貰ったライダーがフォームチェンジするところも
なかなかおもしろかった
でも、コブラと亀とワニのメダルってのは
徳川と関係がないからつまらないけどまあいいか

デハ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 1日 (木)

ロケ終了

ロケ終了
劇団の次回公演PV撮影
無事に撮り終わりました
某県某市山中が現場で
天候にも気候にも恵れ
とても良い状態で撮影できました

監督をやって
絵の作り方
役者の動かし方
フレーム内では見た目とちょっと違うので
それが難しくもありまた面白くもありました
できれば時間をかけて作りたいところですが、そうもいかず
また次回と思うところですが
いや、次回はキャストで出ないとな

デハ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »