« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月31日 (土)

2011振り返り

2011が終わり!
今年の目標は、準備を怠らない。
何事もベストコンディションで臨む。
っていう目標だったけど
やっぱ、なんだかんだ後手になることが
多かったと思います。
大変なことが多かったからかとも思うけど
しかし、何とかできたとは思えない。
その時精一杯やっているのが事実なので。
抜けていたところを気付いて
どうできるようにしていくか考えればいい。
そうやってまた明日からやって行こう。

ただし気持ち的には去年より余裕があった。
まあ去年が落ちまくってたからだけど
落ちた所から少しずつ上がって行くという意味で
今年は特別飛躍しなくてよかった。
歳男だったけど、全く気にしなかった。
それでいい。まだまだこれから。
ということで2011年おしまい。

20111231_224238

その昔、「年越しにそばど○兵衛」のCMを見て
年越しそばにカップめんかよ!って思っていた。
自分は絶対に喰わないものだと思っていた。
しかし今年、初かな。
まあ、ひとり年越しだからついに。
ある100円ローソンじゃ売り切れてたよ天そば。

そして1年前と比べてとても思った事、
髪の毛の長さが年明けと違うな~~
2011年1月の方見てみて。

デハ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月28日 (水)

共演者のお店

SHINGENの共演者、栗本(足利義昭)さんがやっている
新橋の玉家にお邪魔しました!

Images

静岡産の海鮮
ビールにもワインにも合う
イタリアン&フレンチ系の料理が特徴です。

320x320_rect_10234340

6315596982_fd084be03d_z

キッチンはシェフの方がやり
栗本さんは接客をされてました
そしてアポ無しで来た私とマッチ棒(劇団員)を
快くおもてなしして下さいました!
というかほとんど俺達と飲んでたような~

6208_n

皆さま、大次郎の友達!と言っておこし下さいませ。
東京都港区新橋3-14-6 小林ビル2F
「新橋 玉家」

デハ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月24日 (土)

マスクド・サムライ

今年も大詰め。
舞台稽古は年越し。
今回は立ち回りの出番が多いので
もろ汗ダクでやってます。
汗をかいた後のTシャツがつらい。
ラストの立ち回りは
私がしょっぱなに出て後から出てくる仲間が
バシバシ斬られて最後に死ぬため。
長時間戦いっぱなしという死闘編!
とにかくスタミナが肝心。

スタミナをつけるためには食べ物が肝心。
現在劇団で稽古場近くに部屋を借りて
そこで毎回鍋パーティーをやってます。
飲み屋にいくより安上がり!

344176043_n

6349092_n

あとは体調壊さないようにしなければ
いつも冬になると稽古場はインフルに侵されるんです。
本番中なったらえらいことに
だから出演者全員マスク着用!
誰一人倒れることは許しません。
そしてこの時期特有のむやみな強要もなしにしたい!

20111227_2190228

デハ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月20日 (火)

インターバルなし!

武士道第五陣公演の稽古
本格的に始まりました!

配役が決まり
立ち回りの手が付きました
私は岡田以蔵が辿りついた村を守る剣豪の役です
大立ち回りや一騎打ちなど
主役の次に戦う役柄です
ちゃんと演じきれるように頑張りますので
期待しててください!

今回は幕末(江戸時代末期)が舞台です。
岡田以蔵は幕末の四大人斬りと呼ばれた剣豪です。
その以蔵が新撰組に追われて逃げ延びた地で
物語が始まります。
以蔵は師匠に裏切られ、自ら刀を封じていた。
行き倒れた以蔵を助けた村の娘は
以蔵を介抱するため村に連れ込むが
野党の襲撃の危険にされされたその村は
戦えない人間を置く事を良しとしなかった。
野党達は村の裏山でとれる銀の剥奪を目的として
村人に襲いかかる。
そしてその野党を率いる人物は
新撰組から脱退した元副長の新見錦達であった。
新見は再起を図るために人里離れた地にて
再び世に出る謀略を企てていたのだ。
偶然岡田以蔵と遭遇した新見達は、
新撰組への復帰をもくろみ、以蔵の首を狙う。
本格的に衝突する村と野党衆
果たして岡田以蔵の行く末は??

20111214_2182403

写真は場ミリ紐の図。
本番舞台の段組を平面で表してます。
稽古場ではまだセットが組めないので
平面に紐を敷いて場を見る。
役者たちはこれを見ながら階段をだったり
高いところから乗り降りをイメージします。

デハ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月16日 (金)

草津よいとこ

劇団で草津温泉に殺陣強化合宿に行ってきました!
現場は晴天なのに少々吹雪が
そして寒過ぎ!

Ca3g05950001

温泉につかり
少々まったりしたところで
深夜、極寒の下で特訓しました
若い連中は3時間近く稽古してたようです
私は風邪ひきそうなのでやめました!

8398_498316783_n

翌日は草津の温泉街めぐり
湧きたつ温泉は硫黄の匂い、湯気でぽかぽか

__

SHINGENでの疲れをここで癒して
さあ来週から全力で行くぜ!

20111216_142213

デハ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月12日 (月)

第五陣公演始動!

SHINGENが終演し、一週間以内で
我が武士道第五陣公演がスタート!
本日が顔合わせでした

Izohomote 

今度の物語は幕末の四大人斬り
岡田以蔵の物語です
新撰組にも首を狙われた以蔵は
なんとか逃げ延びたあと、飢え死にする間際
とある集落の人々に助けられます
しかしその集落の銀山を巡って
ある野党と対立
刀を封印した以蔵にもその火の粉がふりかかります
野党一味には新撰組脱退者が関連して
以蔵の発見とともに事態は急展開
武士道初の幕末編
ご期待下さい!!

Agc66ihcqaaztbv

予告映像

携帯からはこちら
http://m.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&client=mv-google&v=Kz7fqg1NXjg

デハ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月10日 (土)

最強助っ人

SHINGEN終幕しても休む暇ありません。
また次のイベントが!

20111209_005230

劇場に入るフリーパス

イベントは来週ということで
最近の動きは、川崎フロンターレのFWジュニーニョが
退団という出来事。
ジュニーニョは川崎史上最強の助っ人です。
J2時代から在籍してJ1昇格への立役者になり
J1でも川崎を強豪クラブへのし上げた最大の功労者。
9年間在籍して200ゴール以上あげてる
これ以上はこの先出ないだろうというほどの選手。
9年経てば歳をとる。年齢的なものか、ここ2年ほどで
かつての速さはなくなり、チームもそれに伴って
下降線になってます。
哀しい限りですが、楽しませてくれたことは本当にありがたい。
観に行った試合でハーフラインからボールを受けて
ドリブルで独走ゴールした時がかなり印象深い。
新たなチームで頑張ってほしい。

野球ではベイスターズ監督に中畑清が就任。
小学生の頃憧れだった中畑がやっと監督になった。
出来ればジャイアンツの監督になってほしかったけど
野球を盛り上げて欲しい。
でも遅いよな~監督になるの。

デハ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 7日 (水)

SHINGEN大千秋楽

WAKI-GUMI戦国シェイクスピア其の2ハムレットより
『SHINGEN〜風林火山落日』
とうとう全日程を終了しました!
9月からの稽古にて、怪我無く病気も無く
東京、宝塚、名古屋と旅して
無事に終われたこと、
劇場まで観に来て下さった方々、
陰ながら応援して下さった方、
舞台を支えて下さったスタッフさん、
そして共に素晴らしい作品作りをさせていただいた
出演者の皆さまに心よりお礼を申し上げます。

Photo

武田軍の足軽大将「多田満頼」

この公演、全ては挑戦という意味で参加しました。
過酷な稽古を乗り越えてきましたが
ほとんど全てが楽しみの中で消化できたと思います。
時間の都合上、自分のシーンもカットされました。
多田満頼はいつも伝令の為に走り回る役でしたが
実は若干OFFになるシーンもあったのです。
それができなかったのは非常に前年ですが
作品の仕上がりが最優先
うまくいったのならいいと思います。

_n

今回、観て頂けなかったかたにも
いつかは観て頂けるよう、情報発信及び
俳優としての努力を怠りませんので
ご支援の程をよろしくお願い致します!

2

旅芸人一座の座員。多田とは別人です!

デハ!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年12月 6日 (火)

名古屋入り!!

ラスト公演in名古屋!!
名鉄ホールに入りました!!
WAKI-GUMI戦国シェイクスピア
其の2『SHINGEN〜風林火山落日』
明日がいよいよ本当の千秋楽
名鉄ホールは客席が今までで一番広い
更に表現を大きくしなければ!!

2ヶ月ほぼ毎日やって来たことが
ついに明日終わります。
今回は多くの素晴らしい先輩方のいる中に
参加できたということが
何よりの財産になりました
この経験が今後自分の中でどう活きていくのか、活かせるのか
課題であり楽しみでもあります

名古屋は宝塚ほど遠くないのでのんびり出発

名古屋入り!!

途中は静岡県内で『焼津まぐろ丼』を注文。焼津とつけるところに何かこだわりがあるのだろうか?

名古屋入り!!
お土産屋で静岡県人ならば誰もが知っている
『こっこ』チョコバナナ味まであるとは!!

名古屋入り!!

楽屋は舞台から遠く使いにくい

名古屋入り!!

あと一回しかできない重みを踏みして
全力で行くぜ!!
東海にも武田の旗を掲げるぜ!!

デハ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 5日 (月)

広さのイメージ

またもや三日のインターバルで
明日名古屋に向かいます。
本来の旅公演というやつは
いちいちとんぼ返りしないはずなんだよな。
連日滞在するはずなんだけど
でも疲れなくていいかな(笑)

今回の公演を通して思ったのは
劇場が今までの何倍も広い筈なのに
気分は今までと変わらない気がします。
イメージ的には空間の広さと
お客さんの多さのプレッシャーに
押しつぶされるんではないかと思ったけど
意外にそんなことを気にしている余裕はなかったです。
でももし舞台に人でいることになったら
怖いだろうなと思います(^-^;

この間世間ではいろいろありましたが
自分にとって重要なのは
Jリーグで柏レイソルが優勝したこと。
昨年J2で戦っていたチームがいきなり優勝って
悪いとは言いませんが、これによって
他の優勝争いをしていたチームは何が足りないのか
よく分かるかと思います。
優勝したいのなら、優勝できるチーム作りをして
ほしいと思いますね。
我が川崎Fは今季優勝を目指していたとは思えません。
目指してなくても、強いチーム作りをしようとする
意思がわかりません。選手や監督ではなくフロントが。

そんなこんなで明日は名古屋
中日もグランパスも準優勝でした

デハ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 3日 (土)

アウェー感なし

兵庫公演宝塚バウホール終幕!

O0480035911646431383

1日昼夜のみの公演でしたが
つかの間の休息、宝塚の町並みなどが
東京でのあわただしさとは一転して
とても楽しめた時間になったと思います。
宝塚歌劇団の専用劇場であり
宝塚関係外のポスターが一切貼られないなどの
アウェー感がありましたが
ご来場いただいたお客様には温かく迎えて
いただけたと思います。

381623_202978589780809_100002060077

劇場の構成が北千住と若干違う為
芝居の内容は同じですが
私の登場口も若干変更されました!

地方公演ですが、大阪に住んでいる友人が
駆けつけてくれました!
しかし彼はいつも東京でやっているときに
有給をとって日帰りで欠かさず来てくれてます。
ありがたやありがたや!

終幕後、片づけを終えたら即座に帰京です。
その間、出演者の宝塚出身の方(お方様)に焼き肉屋さんに
ご招待いただきました!
そこには元宝ジェンヌらしきお仲間もいらして大賑わい!
お店自体も宝ジェンヌさん行きつけらしいです。
肉は気付いたらなくなってました…

20111203_143946

次は名古屋。また3日のインターバルで向かいます。

デハ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 1日 (木)

宝塚入り!!

WAKI-GUMI地方公演がいよいよスタート!!
本日朝のバスで東京から宝塚に出発!!
初めての旅公演にワクワクです。
バスは7時間半ほどかかりましたが
寝たり起きたりサービスエリアに止まったりと
意外に楽しい時間でした。
そして到着。

宝塚入り!!

劇場は既に舞台セットの
仕込みが終わってました。
場当たりまで時間があったので
辺りをブラブラするとたまたま
手塚治虫記念館があることに気付き
行ってきました。

宝塚入り!!

私は手塚さんの作品はあまり知らないのですが
石ノ森漫画館のものがこちらに展示されてたので
そっちに目が行きました。

宝塚入り!!

アカレンジャーストラップを衝動買い!!
劇場に戻り場当たりはすんなりすみました。
シアター1010とは構造の違う場所なので
登場の場所が若干変わりました。

明日は本番二回
ゲネプロはないのでとんでもない
間違いをしないようにしたい

宝塚入り!!

稽古後は宝塚出身の共演者さんの実家にお邪魔して
お母さんにごちそうになりました!!
高台に家があるので景色が凄いです。

宝塚入り!!

宿は劇場近くのホテル
さあ関西でもやったるぜ〜!!

デハ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »