文化・芸術

2012年2月13日 (月)

第五陣終幕!

武士道第五陣公演『以蔵-IZOH』
無事に全日程終了いたしました!
ご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました!
ラストシーンの後、カーテンコール(終演挨拶)
にて涙をぬぐっているお客様を多数みかけました。
観て頂いている方の心を震えさせること。
それが俳優をやっている目的であり、
何よりもうれしい事です。
そして盛大な拍手誠にありがとうございます!

今回の『以蔵』の時代は江戸時代後期。
人斬りの名で恐れられていた以蔵はある時、
坂本龍馬より刀の時代が終わることを告げられ
人斬りを止めるよう刀を封印される。
そして師である武市半平太の下から離れた後、
生き倒れになったところを助けられ、
ある集落にて保護されるという
史実から逸れたお話になっております。

Dsc_0350

私は集落の主に仕える剣士、
左馬ノ介という役を演じました。
左馬ノ介は冷静で、村人をまとめる役回りです。
集落を襲う野党、元新撰組の野口健司との一騎打ちに
勝ちますが、そこで村の主を失う。

Dsc_0349

その後野党が徒党を組んで攻め込んできたときに
以蔵と共に戦い、散って行きました。

Dsc_0353

他にオープニングのシーンで
以蔵と戦う名もなき新撰組隊士を演りました。

次回作は6月。自分の役はどんなものか
そのうち発表致します。

デハ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月11日 (土)

いろんな人が見てくれてる

舞台は三日目終了!
土曜は昼と夜があり
昼には沢山のお知り合いが駆けつけてくれました。
静岡から母親が来て、茨城からいとこが来て
大阪から後輩が来て、歴史オフ会の方々が大勢。
そして12年ぶりの再会を果たした先輩。
様々な関わりのある人々に対して
同時に演劇を見せるということ。
なんかわからないけど、凄い事だと思ったりする。

歴史オフ会の方々
なんか、大次郎ファンクラブみたいな
雰囲気だと勝手に思っちゃってます!
撮影会、サイン会になりました!

20120211_171356

大阪から駆けつけてくれた後輩。
私の初舞台の時は川崎にいて、
今は大阪からほとんど欠かさずに見に来てくれてます。

Dsc_0339

楽屋は差し入れの山。
本番は食に困らない。素晴らしいひと時!

Dsc_0344

チョコもらいました!
甘党な私に気遣ってくれてありがとう!

20120212_025005

明日は千秋楽!すべて出し切る!
飛び入りでご来場いただく方は
「大次郎に呼ばれた!」と言っていただければ
お互いに幸せになれますのでよろしく!!

デハ!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月 9日 (木)

第五陣初日!

武士道第五陣公演『以蔵-IZOH-』
とうとう初日を迎えました!!
劇場は深川江戸資料館
ここには深い因縁が!

20120208_094206

2010の10月末にここにて
第二陣公演を開催したのですが
舞台道具が指定時間に届かなかったことから
ゲネプロがカットになり
右往左往するうちに初日の幕が開いた。
殺陣芝居は何人もの斬られ役が
舞台の四方八方から現れることになっており
その出たり入ったり、裏を移動したりという
動作が十分に確保できなければいけない。
それをあらかじめ確認すておきたいのだが
ゲネプロができなかったために
私は本番で二度も出番を間違えてしまったことがある。
舞台俳優にとって出とちりは一生の恥。
だから、決していい劇場ではないんです。
しかし、今回は順調に進み
無事に幕が上がり、閉じました!
いい感じで初日を終える事ができたので
明日からもっともっと面白くできるように
お客様と共に共有したいのであります。

Dsc_0322

サラリーマン時代の上司に来ていただきました!!
私が会社を辞めてこの世界に入ったときの初舞台か
ら今まで毎回欠かさず観に来て頂いております。
感謝感謝!!

Dsc_0330

デハ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 5日 (日)

幕末ファンは見なきゃソン

稽古は佳境を迎えております。
ちょっとお見せするとこんな感じ
見覚えのある色、模様の装束を着た。
武士達と戦っているのは岡田以蔵であります。
なぜこんな展開になるのか!は
見てのお楽しみ。
この熱い展開幕末ファンは見なきゃそんだぜよ。

20120207_234157

もうひとつ
本番前の充電と言うような感じで。
座長の母様に
めいっぱいおふくろの味を御馳走してもらいました。

20120204_201756
これなんと20人分の食材。
我々は7人で挑んだため
勿論残ってしまいましたが
めいっぱい美味しく頂きました!
これで公演もらった~~~

デハ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月28日 (土)

光の速さで明日へダッシュ

海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバンTHE MOVIE
行って来た!!

Dsc_0253

待ちに待った待望の作品。
宇宙刑事ギャバンは30年前に放映されたヒーロー番組で
当時小学校1年生だった私はこれに夢中。
なにしろ主題歌から強烈なインパクトがあり
放映当時から今の今まで忘れた事が無い。
会社員になってもカラオケで歌い。
舞台人になっても舞台上(お客のいない時)で歌うという
生涯を通し切っては切れないもの。
「俺はここだぜひと足お先、光の速さで明日へダッシュさ」
というフレーズは6歳の頃は光の速さが
どのくらいの速さなのか知らなかったけど
光の速さが1秒間に地球を7周り半(聖闘士星矢から得た知識)
と知ってから物凄いことを子供に伝えているんだと
改めてギャバンの壮大さに気付いた。

特撮ヒーローはずっと好きで
その間続いていスーパー戦隊は見ていたけど
ギャバンというメタリックで独特なヒーローは
ずっと心の中で生き続けて来た
それが30年の時を経て再び作品として世に現れ
しかもギャバンを演じた俳優さんがそのまま
30年ぶりに再演するという悲願。
銀幕にその姿が登場した時は心より拍手に及びたかった!
でも、周りはギャバンを知らない子供達ばかりなので
流石に社会人として行為に及ばなかった。
それでも思いは興奮のるつぼで
変身シーン、アクションシーン、
そしてなにより、
必殺剣「レーザーブレード」を繰り出したとき
BGMが切り替わるところも当時のまま。
決め技「ギャバンダイナミック」の剣筋の美しさ。
このヒーローはやはり一味違う!
スーパー戦隊も仮面ライダーもウルトラマンも好きだけど、
宇宙刑事ギャバンはシリーズが少ないが
自分にとっては超えられるものがないヒーローであると
確信した(ってどんな自信だか…)!
あくまで子供向け映画だから、ストーリー展開としては
子供騙しな部分が多々あることは仕方ないが
何時までも生き続けているヒーローとして
こんなにも自分の思いを熱くさせたのは驚き!
この思い、いつまでも持ち続けていたい。
できれば我が子と一緒に!

デハ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月20日 (金)

土佐の岡田以蔵

『以蔵-IZOH-』主演・岡田以蔵役の幸村さんが
以蔵の眠る土佐(高知県)に墓参りに行って来たそうです。
時代劇俳優は演じる役が実在人物のときは
人物の眠る地に赴き、公演の成功を祈るのが習わしとなってます。
かくいう私は、土方歳三の時しか行ってないけど…しかも東京都。
今回の私の役は架空の人物です。

201201191125000

岡田 以蔵(おかだ いぞう)1838~1865
またの名岡田宜振(よしふる)

幕末の四大人斬りの一人
「人斬り以蔵」の名で恐れられた。
土佐で生まれ、足軽である父の身分を継ぐ。
武市半平太に師事し、小野派一刀流剣術を学ぶ。
その後も武市に従い、江戸や中国九州などで剣術を学び
武市の結成した土佐勤王党に加盟。
そこで土佐藩目付の奉行や役人などを
「天誅」と称して暗殺した。
そこで付いた通り名が「人斬り以蔵」
しかし、これは武市が以蔵を暗殺の道具として使ったとも
言われている。
土佐勤王党が失速すると、
以蔵は名前を変えて京都に潜伏したが
一連の暗殺事件において拷問にかけられ
すべてを白状した後、打ち首となる。

201201191126000

~以蔵の辞世の句~

舞台本編では、そしてある人物に人斬りを止めるよう
刀を封印され、武市半平太に利用されていたと気付いた以蔵は、
武市の下から脱走を試みる。
放浪生活から行きついた先で、とある集落の女性と出会い
人の優しさに触れます。
しかし、そこに新撰組装束を羽織る者達が現れて…
続きは劇場で!

201201181758000

~はりまや橋~
高知県の民謡・よさこい節に出てくる橋。
本編で以蔵が故郷を思って唄う歌です。

デハ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月16日 (月)

いつも動乱

本日は通しをしました
まだまだ改善の余地はありますが
一幕と二幕、いい流れで作品ができていると思います。
今回の時代は幕末、
黒船来航から端を発し、国家の政治権力の再編が進む。
動乱の中ですが
物語では、その流れに巻き込まれる者と
武家社会に憧れる者、
そして、浪人から再起を図ろうとするもの、
様々な思惑の人物が登場し、衝突します。
人が何を目的に、何に幸せや生きがいを見出し
何に向かって進もうとするのか。
この時代の人々も、現代の私たちも
根本的な考えは同じだと思います。
いつの時代も動乱まっただ中
多くの方に見ていただきたいです。

デハ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 8日 (日)

稽古再開

新年あけて2月公演の稽古再開です。
ここ5年ぐらいは毎回年またがりの公演に出てます。
ほんと言うと冬の公演は苦手なんですけどね。
理由はサムいから…
あと、お客さんがインフルかかっちゃって
これないってのも出るし…
なんで、本番のときは万全でいて頂きたいです。
お願いします!!

今回の主役は岡田以蔵。
幕末四大人斬りと呼ばれた土佐藩郷士です。
以蔵はある追っ手から逃れて
辿りついた集落で暮らす事になりますが
そこで、集落を狙う野党一味と対立することになります。
野党一味を率いるのは、
なんと粛清を逃れた元新撰組の新見錦。
そして同じ芹沢派の野口健司、平間重助。
ある人物から刀を封印された以蔵の運命
どうなってしまうのか?
幕末の時代劇をオリジナルストーリーでお送りいたします。
皆さま是非ご来場下さい!

チケット予約(侍心みた!と必ずお書き下さい)

bsd2410@yahoo.co.jp

予告映像(監督:大次郎)

携帯からはこちら
http://m.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&client=mv-google&v=Kz7fqg1NXjg

デハ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 7日 (水)

SHINGEN大千秋楽

WAKI-GUMI戦国シェイクスピア其の2ハムレットより
『SHINGEN〜風林火山落日』
とうとう全日程を終了しました!
9月からの稽古にて、怪我無く病気も無く
東京、宝塚、名古屋と旅して
無事に終われたこと、
劇場まで観に来て下さった方々、
陰ながら応援して下さった方、
舞台を支えて下さったスタッフさん、
そして共に素晴らしい作品作りをさせていただいた
出演者の皆さまに心よりお礼を申し上げます。

Photo

武田軍の足軽大将「多田満頼」

この公演、全ては挑戦という意味で参加しました。
過酷な稽古を乗り越えてきましたが
ほとんど全てが楽しみの中で消化できたと思います。
時間の都合上、自分のシーンもカットされました。
多田満頼はいつも伝令の為に走り回る役でしたが
実は若干OFFになるシーンもあったのです。
それができなかったのは非常に前年ですが
作品の仕上がりが最優先
うまくいったのならいいと思います。

_n

今回、観て頂けなかったかたにも
いつかは観て頂けるよう、情報発信及び
俳優としての努力を怠りませんので
ご支援の程をよろしくお願い致します!

2

旅芸人一座の座員。多田とは別人です!

デハ!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年12月 6日 (火)

名古屋入り!!

ラスト公演in名古屋!!
名鉄ホールに入りました!!
WAKI-GUMI戦国シェイクスピア
其の2『SHINGEN〜風林火山落日』
明日がいよいよ本当の千秋楽
名鉄ホールは客席が今までで一番広い
更に表現を大きくしなければ!!

2ヶ月ほぼ毎日やって来たことが
ついに明日終わります。
今回は多くの素晴らしい先輩方のいる中に
参加できたということが
何よりの財産になりました
この経験が今後自分の中でどう活きていくのか、活かせるのか
課題であり楽しみでもあります

名古屋は宝塚ほど遠くないのでのんびり出発

名古屋入り!!

途中は静岡県内で『焼津まぐろ丼』を注文。焼津とつけるところに何かこだわりがあるのだろうか?

名古屋入り!!
お土産屋で静岡県人ならば誰もが知っている
『こっこ』チョコバナナ味まであるとは!!

名古屋入り!!

楽屋は舞台から遠く使いにくい

名古屋入り!!

あと一回しかできない重みを踏みして
全力で行くぜ!!
東海にも武田の旗を掲げるぜ!!

デハ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧